カゾクアップ!

父親が3月生まれの息子と難病(胆道閉鎖症)の娘、そして妻との日々の生活を書いています。

鈴鹿サーキットと中部国際空港セントレア『FLIGHT OF DREAM』

娘が1歳になったので、

有給休暇を取得して1泊2日の

旅行に行くことにしました。

 

最近、CMを良く見たし、

息子も4歳になって

乗り物系に興味を持っているので、

鈴鹿サーキットに行くことにしました。

また合わせて中部国際空港セントレアにも

行ってきました!

 

 

道中

我が家から鈴鹿サーキットまでは、

高速を利用して2時間かかりました。

 

途中で大津サービスエリアに立ち寄りました。

1歳の娘もさすがに1時間ずっと車の中で

じっとしていたらグズリますね。

 

大津サービスエリアで記念撮影しました。

f:id:zoh-sang:20190629220147j:image

まだ4歳の息子は琵琶湖の広さに

さすがに興味を持たなかったです。。。

 

鈴鹿サーキット 

約10分の休憩をとって

再び1時間の運転したら鈴鹿サーキット

到着しました!

f:id:zoh-sang:20190630090443j:image

早速鈴鹿サーキットホテルにチェックイン!

綺麗なホテルでした。

荷物を部屋におろして

すぐに遊園地へ行きました。

 

下の写真は息子が初めて1人で

車を運転した写真です!

始めはアクセルの使い方が分からず、

出発することができませんでしたが、

監視員の方に教えてもらって、

動かすことに成功!

その後はハンドルを回して、

うまく運転していました!

私の運転をとなりでよく見ていたから

初めからうまくできたのだと思います。

f:id:zoh-sang:20190630091603j:image

 

車以外にも下の写真のような

船にもなることができました。

船はさすがに息子1人で運転するのは

難しかったです。

f:id:zoh-sang:20190630091618j:image

4歳からでも1人で乗れる

アトラクションも多いし、

0歳の娘と家族全員で乗れる

アトラクションも結構あって

楽しかったです!

本当に来てよかったです。

 

平日の金曜日に来たのですが、

地元の幼稚園・保育所の遠足や、

小・中学校の団体旅行が

多かったですが、

ほとんど待ち時間を気にせずに

楽しめました!

 

https://www.suzukacircuit.jp/

 

中部国際空港セントレア『FLIGHT OF DREAM』

翌日は特に行き先を決めていませんでした。

息子に前日寝る前に、

リニア・鉄道館で新幹線を見るか、

セントレア空港で飛行機を見るか、

どっちか良いか聞いたところ、

『飛行機を見たい!』とのことだったので、

中部国際空港セントレアに行くことにしました!

 

というよりも私が

ここにどうしても行きたかった!

なぜなら本物の旅客機ボーイング787を

間近で見ることができるからです。

こんな機会めったにないですよね。

また息子が飛行機が大好きなので、

さらに興味を持ってもらいたかったから

ということもありました。

 

下の写真が現地です。

ほんとうに大きかったです!

f:id:zoh-sang:20190701070009j:image

 

コックピットも見ることができました。

息子もコックピットを見れて上機嫌。

f:id:zoh-sang:20190701070159j:image

 

息子と娘で記念写真。

最近、息子が娘と

上手に写真を撮らせてくれます。

成長を感じますね。

f:id:zoh-sang:20190701070540j:image

 

他には飛行機の製造工程がみれるシアターや、

塗り絵をした飛行機をバーチャルに飛ばす

シアターもあり本当に楽しかったです!

 

ご飯を食べるところやお土産屋もあり、

マジでオススメです!

 

土曜日の開店してすぐの10時に行った時は

あまり混雑していませんでしたが、

お昼時になるとかなり混雑していました。

 

flightofdreams.jp

 

 

今回の旅行の感想

今回の旅で息子が

娘の面倒をよくみてくれました。

 

下の写真は、

息子が歌を歌って娘を笑わせてくれています。

f:id:zoh-sang:20190701182320j:image

 

息子本人が単純に面白いから

やっているのかもしれませんが、

今回の旅行を機に、

息子の娘に対する興味が上がってきたと

感じています。

 

いつまでも仲の良い

2人でいて欲しいものです!

 

最後まで読んで頂き、

誠にありがとうございました。

 

以上