カゾクアップ!

父親が3月生まれの息子と難病(胆道閉鎖症)の娘、そして妻との日々の生活を書いています。

家族で阪神競馬場に行ってきました!

家族4人で阪神競馬場に行ってきました。

父親の私、妻、4歳の息子、1歳の娘です。

 

目的は小さい阪急電車が乗れる

イベントがあるということで、

息子を乗せてあげたくて

行ってきました。

 

その他、子どもが遊べる遊具もあって

かなり良かったです。

 

 

駐車場について 

 

車で行ったのですが、

料金は1日一律2,000円!

かなり高い印象です。

出来るだけ公共機関でいくことを

おススメします。

 

競馬について

 

さて阪急電車のイベントまで

1時間くらい時間があったし、

子どもにサラブレッドを見せたかったし、

我々夫婦も馬券を買ってみたかったので、

実際のレースを見ることにしました。

 

f:id:zoh-sang:20190711075037j:image

入ってみてビックリしたのは、

中はめちゃくちゃキレイで雰囲気もいい!

競輪場、競艇場には行ったことあるのですが、

なんとなく暗い感じがして、

子どもを連れて行こうとは

思いませんでしたが、

競馬場は子連れでも安心できます。

若いカップルの方も多かったです。

 

f:id:zoh-sang:20190711081009j:image

初めて馬券買いました。

どの馬に賭けるか全くわからなかったので、

息子に『何番が好き?』と聞いて、

『3』と答えたので、

3番単勝を500円買いました。

 

f:id:zoh-sang:20190711082221j:image

レース場に着きました。

大きな電光掲示板にテンションが上がります!

大人だけですが。。。

息子と娘はこれから何があるのか

不思議そうな様子。

 

さてレースが始まりました。

走る馬に少しテンションが上がった息子。

下の娘は何が起こっているのか

分からない様子。

我々夫婦は賭けた馬をマジで応援!

しかし結果は外れました。。。

順位すら覚えてません。

 

しかし初めて競馬しましたが、

夫婦共々かなり楽しめました。

子育てが終わったら

また夫婦で来ようと約束しました。

 

遊具について

下の写真が

阪神競馬場の公園にある噴水です。

綺麗に整備されていて

家族連れには安心です。
f:id:zoh-sang:20190714215350j:image

 

下の写真が公園の中にある

アスレチックです。

私のイメージで恐縮ですが、

3歳ぐらいから

遊べるレベルのアスレチックでした。

とても大きくきれいでした。
f:id:zoh-sang:20190714215354j:image

 

アスレチックを

楽しんでいる息子です。

何度もこのロープを渡って

得意げな顔をしていました。

ちゃんと順番を守って遊んでくれて

とても安心してみていられました。
f:id:zoh-sang:20190714220258j:image

 

アスレチックの隣には、

下の写真のような

巨大な山型のトランポリンがあります。

当日は結構人が多く、

10分ぐらい待ち時間がありました。

子どもは結構トランポリン好きですね。

息子も私が止めるまでは

ずっとジャンプしていました。
f:id:zoh-sang:20190714215347j:image

 

目的の小さな阪急電車は、、、

開始前から長蛇の列でした!!

30分は待つ感じでした。

 

この日はかなり暑くて、

1歳の娘もいたのでマズイなと

思っていたのですが、

当の息子は

『あっちに行く!』と言って、

アスレチックの方へ走って行きました。

ホッとしました。。。

 

実際、小さな阪急電車は、

公園の周りをグルグルと回っていたのですが、

息子はほとんど興味を持たなかったです。

本物の電車に乗るときは、

かなりテンションが上がるんですけどね。

 

でもアスレチックやトランポリンを

楽しんでくれて良かったです。

 

まとめ

初めて阪神競馬場に行きましたが、

かなり良かったです。

 

良かったポイントとしては、

  1. 子どもも親も楽しめる。
  2. 清潔感がある。
  3. 安心できる雰囲気である。

 

気になるポイントは、

  1. 駐車場料金が高い。(1日2,000円)

 

まだしっかりと歩くことができない

子連れの家族にはイタい出費ですね。

 

最寄駅は阪急の仁川駅です。

駐車料金が気になる方でしたら、

公共機関のご利用をオススメします。

 

また行きたいと思える場所でした!

本当に楽しかったです。

 

最後まで読んでいただき、

誠にありがとうございました。

 

以上